小正月には小豆粥(あずきかゆ)女性におすすめ

小正月とは1月15日頃、別名「女正月」ともいいます。何かと忙しいお正月が一段落して女だけでゆっくりお正月を楽しむ、そんな意味だったのでしょうか。

小豆粥は正月で疲れた胃腸を休めるのに良いです。

小豆の生薬名は赤小豆(せきしょうず)といいます。日本の民間療法では母乳の出を良くしたり脚気に使われてきました。

栄養学的にも小豆には女性に不足しがちな鉄分や食物繊維が豊富なので貧血予防や便秘にもおすすめです。

小豆粥の材料

米 … 1/2合

小豆(乾燥) … 大さじ3(35gほど)

塩 … 小さじ1/3ほど

好みでごま塩や塩昆布 … 少々

小豆粥の作り方

1)小豆(乾燥)大さじ3を水700mlで20分煮る。

2)火からおろし30分置く

3)小豆をざるにあげてゆで汁を捨てる。

4)鍋に水気を切った小豆を戻し入れ、さっと研いだ米1/2合分を加えます。

5)鍋に水700mlを入れて、中火に30分かける

北九州小倉の漢方薬局 大門薬品 薬剤師 篠原艶子

 
 

ご相談の流れ

最新情報をチェック!

薬膳の最新記事8件