注目キーワード

3年以上病院で腰痛の症状が改善されない方に!

大門薬品が選ばれている理由

症状に合わせてお薬を選んでくれる。
温かい雰囲気で話しやすい。
じっくりお話を聞いてくれる。
経験豊富なベテラン薬剤師に安心して相談できる。
お薬だけでなくお食事など健康のために相談ができる。

病院と当店の比較

【病院】

  • 患者ごとの治療法がなく、同じ治療方法
  • 医師には話しにくい
  • 来院する必要がある(電話相談ができない)
  • 病院での待ち時間が長い
  • じっくりと症状を聞いてもらえない
  • お薬の副作用が心配
  • 医師からの生活指導はなし

【当店】

  • 患者ごとに漢方薬をご用意
  • 薬剤師には話しやすい
  • 来店なしでも、まずは電話相談可能
  • 予約制で待ち時間なし
  • じっくりと症状を聞いてもらえる
  • 漢方薬は副作用が少ない
  • 漢方薬だけでなく食事などの生活指導ができる
薬剤師があなたの症状や悪化要因に応じて最適な漢方薬をご用意します。
漢方相談にお越しの方は、病院に長年通院されている方で、漢方薬をお試ししたいというご相談者から、それぞれの事由で病院に行くことを躊躇され漢方薬のご相談に来られる方、お薬の副作用を気にされて、漢方薬のご相談にご来店される方まで様々です。
漢方相談は、女性薬剤師ならではのきめ細かい対応ができることから、昨今、漢方薬のみを服用され、症状が落ち着いてきてからは、基礎薬のみリピートされる方も増えてきました。
そして、来店された方の80%以上が、再来店されています。
また、LINE登録していただいたお客さまのみオンライン相談も可能です。
LINEのチャット機能もご使用いただけますので、お急ぎのご回答をご希望の方は、LINE登録をお願いいたします。

友だち追加

【漢方相談状況】

  • 漢方薬の服用リピーター(基礎薬のリピーターも含む)…50%
  • 病院のお薬と漢方薬を併用されているリピーター…30%
  • その他、お薬のご相談など…20%
管理薬剤師 艶子
当ホームページへお越しいただき、ありがとうございます!
大門薬品 管理薬剤師の篠原艶子(しのはらつやこ)です。
腰痛は風、湿、寒などの外的な要因に腰が犯されたり、各臓器の気、血、津液(しんえき)が不足したり、滞ったりして発症します。漢方治療の原則はこれらの余分なものを取り除き、不足するものを補い、滞ったものの巡りを良くすることです。
では早速、東洋医学から見た”腰痛の症状”についてどのような対応が望ましいか?タイプ別でポイント解説しますので、該当するタイプがあったら何を気付いて、どうしたらいいのか?を是非参考にしてみてくださいね!
ポイント解説を見て、もっと知りたい個人的なことは、直接LINE電話からご相談いただいた方が早いです➡https://lin.ee/L2jjwzd

腰痛の症状別ポイント解説

ストレスの症状はおおまかに5つのタイプに分けることが出来ます。
あてはまるタイプの養生アドバイスをそれぞれご覧いただけます。

天気により左右する『風』『寒』『湿』の場合

気圧の変化により、痛みが出ます。風邪(ふうじゃ)は、痛みが移動し急性症状をともないます。寒邪(かんじゃ)は、痛みが強く冷えをともないます。湿邪(しつじゃ)は、固定性の鈍痛があり身体が重く感じます。
養生ポイント

■ 体を温め、邪を除く食べ物
ネギ、生姜、納豆、らっきょう、鰻

適度な運動をしましょう。
腰痛体操などがおすすめです。
たとえば、横になり腰回りをねじる動きや、足腰の関節を伸縮する動きなどがあります。

当店では、脳活性化体操という先生をお招きして体操を定期的に行ったりしていますので、腰痛で気になる方は、是非ご参加ください。※コロナ禍で現在脳活性化体操は行っていません。再開する際は、ホームページのお知らせなどで日時をお知らせします。

漢方相談

1回の相談は30分~1時間くらいです。
病院に受診中の方はお薬手帳を持参していただきますようお願いします。

相談者さまの現在の身体の状況を把握するためのカウンセリングを行います。

お客様の日ごろのライフスタイルなど伺いながら、食習慣から腰痛を弱めるツボ押しや、適度な運動方法なども含めアドバイスを行います。

生活習慣を見直していただきながら、お薬の服用とともにその後の経過を見ていきます。

漢方薬剤師から一言

生野菜や刺身などは身体を冷やします。身体を温めることを日ごろから意識してください。
入浴時は、シャワーではなく、バスタブにゆったり浸かり身体を温めましょう。
体操は朝のうちに行うと良いです。朝ヨガなどもおすすめです。

ぎっくり腰(気滞血瘀証)の場合

突然の激しい痛み、腰は曲がったまま痛くて動かせない腰痛です。
養生ポイント

痛みがやわらぐまで、安静にしていること。動くと返って悪化し、長引くことになります。
しばらくは重い物は持たない。長時間同じ姿勢はとらないでください。

漢方相談

1回の相談は30分~1時間くらいです。
病院に受診中の方はお薬手帳を持参していただきますようお願いします。

相談者さまの現在の身体の状況を把握するためのカウンセリングを行います。

お客様の日ごろのライフスタイルなど伺いながら、食習慣から腰痛を弱めるツボ押しや、適度な運動方法なども含めアドバイスを行います。

生活習慣を見直していただきながら、お薬の服用とともにその後の経過を見ていきます。

漢方薬剤師から一言

現代社会では、スマホを見続けたり、同じ姿勢をずっと続けることが多くなりました。
同じ姿勢を続ける分、関節を伸縮したりといったことがより重要になっていると思われます。
まずは、ぎっくり腰が落ち着くまでは、安静にし、無理をしないようにしましょう。

腰が冷えて重い(痰湿証)場合

湿気が多いと悪化するタイプです。このタイプは、脾と胃が弱く水太りの人に多く見受けられます。
養生ポイント

食べすぎ、飲みすぎに気をつけましょう。
身体を冷やすなまものや清涼飲料水の取り過ぎに注意してください。
適度な運動をして汗をかきましょう。

漢方相談

1回の相談は30分~1時間くらいです。
病院に受診中の方はお薬手帳を持参していただきますようお願いします。

相談者さまの現在の身体の状況を把握するためのカウンセリングを行います。

お客様の日ごろのライフスタイルなど伺いながら、食習慣から腰痛を弱めるツボ押しや、適度な運動方法なども含めアドバイスを行います。

生活習慣を見直していただきながら、お薬の服用とともにその後の経過を見ていきます。

漢方薬剤師から一言

朝は窓を開け、喚起を良くし、朝起きてから腹式呼吸などで内臓を温めたり、腰回りをひねったりして、軽くストレッチをすると良いです。水分の摂りすぎに注意してください。

老化とともに冷える(腎陽虚証)場合

腎は成長、発育、生殖、老化と深く関わっており、加齢とともに腎の陽気が不足してきます。このため、全身の機能が衰え、冷えが生じてきます。
養生ポイント

過労は避けてください。
冷えに対する防御が必要です。

漢方相談

1回の相談は30分~1時間くらいです。
病院に受診中の方はお薬手帳を持参していただきますようお願いします。

相談者さまの現在の身体の状況を把握するためのカウンセリングを行います。

お客様の日ごろのライフスタイルなど伺いながら、食習慣から腰痛を弱めるツボ押しや、適度な運動方法なども含めアドバイスを行います。

生活習慣を見直していただきながら、お薬の服用とともにその後の経過を見ていきます。

漢方薬剤師から一言

身体を冷やさないようにすることが大切です。入浴はゆったりと浸かって温まる入浴剤などを利用するのも良いです。冬場は腰巻きにホッカイロを貼ったりして、身体を冷やさないようして過ごしてください。痛みがある場合は、あまり無理をせず、漢方治療をおすすめします。

虚弱(気血両虚証)の場合

脾と胃の働きが弱い人、大病後、慢性疾患による消耗、産後、虚弱体質の人の腰痛
養生ポイント

睡眠不足に気をつけましょう。
過労は避けましょう。
適度な運動で身体を鍛えることが必要です。

漢方相談

1回の相談は30分~1時間くらいです。
病院に受診中の方はお薬手帳を持参していただきますようお願いします。

相談者さまの現在の身体の状況を把握するためのカウンセリングを行います。

お客様の日ごろのライフスタイルなど伺いながら、食習慣から腰痛を弱めるツボ押しや、適度な運動方法なども含めアドバイスを行います。

生活習慣を見直していただきながら、お薬の服用とともにその後の経過を見ていきます。

漢方薬剤師から一言

現代社会では、スマホを見続けたり、同じ姿勢をずっと続けることが多くなりました。あまり動かず同じ姿勢を続ける分、腰を伸ばしたり、関節を伸縮したりといったことがより重要になっていると思われます。
虚弱な方は、朝腹式呼吸をして内臓を温めたり、ヨガなどで、普段動かさない部位を動かしてください。
ずっと座り続けている方も定期的に背筋を伸ばしたりして、身体をリフレッシュさせることが大切です。


腰痛の改善チェックポイント

腰痛でお悩みの方は、普段どんなことを改善したら良いのか?そのポイントについてお伝えします。

普段どんなことに気を付けたらいいですか?
生活習慣

若いころから、猫背などで、姿勢が悪いと、高齢になってより姿勢が悪くなる分、呼吸もしづらくなります。
冷房の効きすぎた室内に居続けるのも良くありません。
日ごろから定期的に足腰を鍛えることが大切です。
掃除機も最近は、手に持って動かすのではなく、ボタン一つで自動で運転してくれる掃除機もありますが、掃除も極力身体を動かして室内を綺麗にするという行動するだけでも違います。腰が弱ってから対応しようとするのはなかなか動かすにも限りがあります。日ごろから背伸びしたり、ツボ押ししたりして鍛えることが何よりも大切です。

食習慣

冷えると悪化する場合には、クローブ、ウイキョウ、サンショウの実などの香辛料を使った料理で、身体を温めます。生野菜や刺身などは身体を冷やします。
湿度が高いと痛む場合は、水分代謝を良くするハトムギやアズキが良いです。
高齢で足腰が弱った場合は黒豆が良いです。

注意すること

冷房などで身体を冷やさないようにしましょう。

漢方治療のメリットはありますか?
現代医学で改善がみられない方もあきらめないでください。

漢方医学では全く異なる視点から腰痛を診ていきます。そのため、病院で改善がみられなかった方も軽減していった例もあります。
腰痛の原因は寒邪による場合、湿邪による場合、腎気の不足による場合に分けて考えます。その原因を体質から改善していけるのが漢方治療です。
また、気、血、水の流れが滞ると、痛みが生じると考えます。冷えや瘀血、水滞を改善してめぐりを良くすると、痛みの軽減に効果があります。
漢方治療の原則は余分なものを取り除き、不足するものを補い、滞ったものの巡りを良くすることです。

お客様の声 (50代 女性)

腰痛で数年間、整形外科に通院していました。鎮痛剤や湿布を処方されていましたが、腰の痛みが治まりませんでした。
大門薬品で漢方薬を紹介していただき服薬するようになり腰痛が改善しました。(2015年5月)

漢方薬は効き方が遅いのでは?
個人差があります。

漢方薬は効き目が穏やかなので即効性がない、慢性疾患には効くが急性疾患効かないと言われたりしていますが、それは誤解です。個人差はありますが、まずはお試しください。

漢方は症状が出てくる原因となる体質から改善して行きます。

当店でも、長年苦しんできた慢性疾患の方が1~2週間で軽快した例もあります。
西洋薬ではなかなか効果が現れなかったのに、漢方薬ではあっさり治ったということもよくあります。
このように西洋薬で効果がなかった方も、漢方薬で改善がみられるケースもありますので、まずは、ご相談ください。

漢方薬の価格は高いですか?
お手頃な価格でお試しいただけます。

漢方薬は大体1日300~400円くらいが目安です。
当店では、よりお手頃な価格で多くのお客様に漢方薬をお試しいただきたいと考えております。例えば、1~2週間分のお薬をご提供するなどして、症状やご相談内容に応じて、症状の経過をみていきます。お客様のご都合なども伺いながらお試しいただけます。

ご相談の流れ

長く腰痛でお悩みの方もあきらめないでください。
お薬を紹介するだけでなく、人生を元気で明るく生きる
お手伝いをいたします。
お気軽にご相談ください。
お客様の健康のご相談も承ります。

LINEから今すぐ相談予約

ご来店のお客さまへ

アクセス方法

営業・ご相談受付時間のご案内
店舗大門薬品
(小倉の老舗・健康相談)
事業内容医薬品の販売、薬剤師へのご相談、がん専門薬剤師へのご相談
営業時間月~金曜日、10:00-18:00
ご相談受付10:00~18:00【月~金】
一人一人のお客様の症状を薬剤師がうかがってお薬を選んでいきます。
1回の相談は30分~1時間くらいです。
当店は薬剤師1名でご相談に対応しているため、LINEや電話またはメールで、あらかじめご予約ください。
住所〒803-0811
北九州市小倉北区大門2丁目5-32
E-mailinfo@daimonpharmacy.com
TEL093-561-5207
アクセスJRでお越しの場合:
JR西小倉駅を出て、勝山通りを西へ約1分
お車でお越しの場合:
都市高速大手町インターチェンジから北2km。
北九州都市高速小倉駅北ICから約5分
北九州都市高速大手町ICから約5分
北九州都市高速足立ICから約10分
店の隣に専用駐車場があります。(看板をご覧下さい)
駐車場のご案内

画面の中央(真ん中)2台スペースに駐車できます。

よくある質問

お支払い方法について


キーワード:現金,クレカ,振込み,LINEPay

クレジットカードは利用できますか?


現金以外にクレジットカード、振込み、LINEPayがご利用いただけます。

詳細は お薬購入ガイド をご覧ください。

お薬の服用方法のこと


キーワード:風邪薬,常備薬

風邪薬と常時飲んでいる薬の服用について相談できますか?


はい、出来ます。 ご来店のときは、お薬手帳をご持参ください。 漢方薬は処方してもらった薬と併用しても大丈夫?薬によっては、相互作用をおこすものもありますので、まずはご相談ください。

取り扱い商品のこと


キーワード:健康食品,サプリメント

健康食品(サプリメント)もありますか?


医薬品外の、健康食品や化粧品なども多数お取り扱いしておりますので、ご特定の商品があるかないかについては直接お問合せください。

服用中の薬との併用


キーワード:漢方薬,併用

漢方薬は処方してもらった薬と併用しても大丈夫?


ご相談の際、お薬手帳をご持参ください。漢方薬を服用中に途中、病院で処方いただいたお薬がある場合などは、薬剤師へお知らせください。お薬によっては、ご使用を控えていただいた方が良い場合もあります。

副作用について


キーワード:副作用,漢方薬

漢方薬に副作用はありますか?


漢方薬は自然の生薬を使うので副作用はないと思われがちですが、使い方を間違えれば副作用が起こることもあります。 気になることがもしありましたら、お気軽にまずはご相談ください。

妊娠中の服用


キーワード:漢方薬,妊娠中

妊娠中でも、漢方薬は飲めますか?


妊娠中の方は薬の制限がありますので、ご相談の上でお求めください。

服用時間について


キーワード:タイミング,漢方薬

漢方薬はいつ飲むのが良いのでしょうか?


基本的には、食間の服用が効き目がいいとされています。 ただ、胃腸の弱い方は、食後の服用が良いでしょう。

保管方法について


キーワード:漢方薬,保管

漢方薬はどんな風に保管したら良いですか?


まず、お子さまの手が届かないところに保管してください。 また、開封後のものはきちんと蓋をして、湿気の少ない環境がベストです。

漢方薬の賞味期限は?


キーワード:賞味期限,漢方薬

漢方薬に賞味期限はありますか?


賞味期限はございます。生薬によって異なりますので、商品ラベルなどに書かれた賞味期限内にご賞味ください。

漢方薬の効き目について


キーワード:漢方薬,遅い

漢方薬は効き方が遅いのでは?


生薬によっては、シャープに効く漢方薬もありますが、それなりの期間を要する場合もあります。 効き方には個人差がありますので、飲んだ薬が効く身体づくりも大切です。

予約制ですか?


キーワード:予約,相談

相談は予約制ですか?


ご相談は、事前にご予約ください。直接ご来店、または、オンライン相談いただいたなどの場合は、ご予約いただいたお客様(オンライン相談も含む)を優先いたします。

<ご予約について>

相談方法について


キーワード:ご来店相談,LINEオンライン相談

どんな方法で相談できますか?


ご相談は、ご来店いただくか、または、LINEからオンライン相談できます。直接お電話いただいても構いませんが、問診を行う必要がある症状の場合もあるので、ご来店いただくか、LINEを使用したオンラインのビデオ通話による相談となります。

お問い合わせ

お急ぎの方は、お電話かLINEでお問い合わせください。

LINEをご利用の方は、QRコードまたは、URLよりLINEコールできます。


https://lin.ee/L2jjwzd



    ※携帯アドレスをご記入の際は、ご質問の回答メールを受信できるように(info@daimonpharmacy.com)を設定しください。届かない場合がございます。