注目キーワード

個人情報保護方針及び店舗の管理運営

個人情報保護方針

このサイトについて

大門薬品のサイトアドレスは https://daimonpharmacy.com です。

基本方針

弊社は、個人情報保護の重要性に鑑みて、業務に従事する全ての者がその責任を認識し、個人情報保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令・ガイドラインを遵守して個人情報を適正に取り扱い、安全管理について適切な措置を講じます。

1.個人情報の取得

弊社は、業務上必要な範囲内かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。

2. このサイトが収集する個人データと収集の理由

弊社は、取得した個人情報を、お客様ご本人の同意なく利用目的の範囲を超えて利用することはありません。当社が取得した個人情報は、以下の目的に利用します。

2-1.コメント

訪問者がこのサイトにコメントを残す際、コメントフォームに表示されているデータ、そしてスパム検出に役立てるための IP アドレスとブラウザーユーザーエージェント文字列を収集します。

メールアドレスから作成される匿名化された (「ハッシュ」とも呼ばれる) 文字列は、あなたが Gravatar サービスを使用中かどうか確認するため同サービスに提供されることがあります。同サービスのプライバシーポリシーは https://automattic.com/privacy/ にあります。コメントが承認されると、プロフィール画像がコメントとともに一般公開されます。

2-2.メディア

サイトに画像をアップロードする際、位置情報 (EXIF GPS) を含む画像をアップロードするべきではありません。サイトの訪問者は、サイトから画像をダウンロードして位置データを抽出することができます。

2-3.お問い合わせフォーム

Cookie

サイトにコメントを残す際、お名前、メールアドレス、サイトを Cookie に保存することにオプトインできます。これはあなたの便宜のためであり、他のコメントを残す際に詳細情報を再入力する手間を省きます。この Cookie は1年間保持されます。

2-4.カウンセリングフォーム

サイトのカウンセリングフォームは、このサイトを通じて相談したいお客様の事前のご了承により、ご相談対応に必要となる情報を提供いただくものであり、ご相談対応のため以外の情報利用は一切致しません。

2-5.他サイトからの埋め込みコンテンツ

このサイトの投稿には埋め込みコンテンツ (動画、画像、投稿など) が含まれます。他サイトからの埋め込みコンテンツは、訪問者がそのサイトを訪れた場合とまったく同じように振る舞います。

これらのサイトは、あなたのデータの収集、Cookie の使用、サードパーティによる追加トラッキングの埋め込み、埋め込みコンテンツとのやりとりの監視を行うことがあります。アカウントを使ってそのサイトにログイン中の場合、埋め込みコンテンツとのやりとりのトラッキングも含まれます。

2-6.アナリティクス

当サイトではサイトの利用状況を把握するため、またサイトの品質向上のためにGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しております。このアクセス解析ツールはトラフィックデータ収集のためCookieを使用しています。このデータは個人データではなく非個人データです。また、Cookieにより収集した情報は広告をより効果的に作ったり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりするためのサービス改善のために利用されています。

2-7.あなたのデータの共有先

当サイトは、皆さまのご承諾がない限り収集した個人データを第三者へ提供いたしません。当サイト以外の企業/団体から皆さまに有益と思われる情報のお届けを代行する場合にも、皆さまのご承諾がない限り個人データはそうした企業/団体には開示・提供いたしません。

ただし、皆さまが当サイト経由で当サイト以外の企業/団体に対して情報提供、サービス提供、商品の注文、応募、接触、仲介をご依頼いただいた場合や、それらの企業/団体が関係する展示会/セミナーの申し込みをされた場合、また広告掲載会社などへの資料請求の仲介を弊社に依頼された場合などには、当該企業/団体に個人データを開示・提供することがあります。

商品や有料サービスの料金を決済する場合に、金融機関などとの間で個人データを交換することがあります。金融機関の口座番号の正当性やクレジットカードの有効性を確認するためです。また、法律に基づき開示しなければならない場合や、当サイトと皆さまの権利/財産/安全などを保護/防御するために必要であると合理的に判断できる場合には、個人データを開示することがあります。

3. 個人情報の第三者への提供事由

弊社は、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に個人データを提供しません。

  • 法令に基づく場合
  • 弊社の業務遂行上必要な範囲内で、協力会社に個人情報を提供する必要がある場合
    なお、その場合でも業務委託先に対し、提供した個人情報の適正な取り扱いを求めるとともに適切な管理をします。
  • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、お客様の同意を取ることが困難な場合

4.データを保存する期間

あなたがコメントを残すと、コメントとそのメタデータが無期限に保持されます。これは、モデレーションキューにコメントを保持しておく代わりに、フォローアップのコメントを自動的に認識し承認できるようにするためです。

このサイトに登録したユーザーがいる場合、その方がユーザープロフィールページで提供した個人情報を保存します。すべてのユーザーは自分の個人情報を表示、編集、削除することができます (ただしユーザー名は変更することができません)。サイト管理者もそれらの情報を表示、編集できます。

5.データに対するあなたの権利

このサイトのアカウントを持っているか、サイトにコメントを残したことがある場合、私たちが保持するあなたについての個人データ (提供したすべてのデータを含む) をエクスポートファイルとして受け取るリクエストを行うことができます。また、個人データの消去リクエストを行うこともできます。これには、管理、法律、セキュリティ目的のために保持する義務があるデータは含まれません。

6.あなたのデータの送信先

訪問者によるコメントは、自動スパム検出サービスを通じて確認を行う場合があります。

7.連絡先情報

事業者名: 大門薬品
管理薬剤師: 篠原 艶子
郵便番号: 803-0811
都道府県: 福岡県
市区町村: 北九州市小倉北区
番地・号: 大門2-5-32
電話番号: 093-561-5207
FAX番号: 093-561-5207
メールアドレス: info@daimonpharmacy.com
営業日:
営業日時:月~金曜日、10:00-18:00
問合せ日時:月~金曜日、10:00-18:00

また、個人情報の取扱いや、お客様の個人情報に関するご照会・ご相談は、こちらまでお問い合わせください。
なお、お客様の個人情報に関するご照会に際しては、ご本人であることを確認のうえで可能な限り速やかに対応させていただきます。

8.個人保護方針(プライバシーポリシー)の変更

個人保護方針(プライバシーポリシー)は随時変更されます。個人情報の収集、利用及び/又は共有方法に重要な変更を行う場合には、このプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトの目立つ場所に掲載することによってお知らせします。このプライバシーポリシーに関する重要な変更はこのプライバシーポリシーが対象とするウェブサイトに通知を掲載した日から有効となります。このプライバシーポリシーの変更は、当サイトからの変更通知前にお客様が提供した個人情報の利用に影響を及ぼすことになります。当サイトの個人情報の利用に関する変更に同意できない場合には、個人情報削除の意向を当サイトに通知しなければなりません。

9. データの保護方法

当サイトはお客様のデータの安全と秘密保持を最も重要なものと考え、お客様のデータを不正アクセスや不正利用から保護するための技術的、管理上及び物理的セキュリティ対策を実施しています。当サイトは、適切な新しい技術や方法を検討するために適宜セキュリティ対策を見直しますが、100%安全なセキュリティ対策は存在しないことをご了承ください。

10. 個人情報の安全管理措置

当サイトは、取り扱う個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程等の整備および実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、正確性・最新性を確保するために、必要かつ適切な措置を講じ、万が一、問題等が発生した場合は、速やかに適当な是正対策をします。

11.データ漏洩対策手順

このセクションでは、内部報告制度、問い合わせの仕組み、または、バグ発見報奨金制度といった、潜在的または実際に発生したデータ漏洩への対策として整えている手段を説明する必要があります。

データ漏洩に関する兆候や事実を確認した場合、また外部から通報があった場合、サイト運営者に報告します。その後、データ漏えい対策を速やかに行います。まず、構内ネットワークが有線LANによる場合はLANケーブルを抜き、無線LANの場合はネットワークから切断し、二次被害の防止を行います。必要あらば、サービスの停止などを検討します。なお、外部の通報者の連絡先等を控えておくことも重要です。

データ漏洩の調査を行い、事実関係を裏付ける情報や証拠を確保します。

漏えいした個人情報の本人、取引先などへの通知、監督官庁・警察・IPA(独立行政法人情報処理推進機構)などへの届出、ホームページによる公表を検討します。漏えいした個人情報の本人に被害が及ぶ可能性がありますので、特別な理由がない限り本人に通知を行います。また、紛失・盗難のほか不正アクセス、内部犯行、脅迫等不正な金銭の要求など犯罪性がある場合は警察へ届出ます。

データ漏えいによって発生した被害の拡大の防止と復旧のための措置を行います。また、再発防止に向けた具体的な取り組みを検討・実施し、安全確認をした上で停止したサービスやアカウント、遮断したネットワーク等の復旧をして行きます。

店舗の管理運営

医薬品販売に関する表示

管理薬剤師:篠原 艶子
店舗名:大門薬品
会社住所:〒803-0811 福岡県北九州市小倉北区大門2丁目5-32
電話番号:093-561-5207

第1 店舗の管理及び運営に関する事項

お客様へ

当店舗は、医薬品医療機器等法に基づく医薬品の情報提供を適切に行うための構造設備および販売体制を下記のとおり整備しております。なお、この表示は医薬品医療機器等法第9条の4によって義務付けられております。

  1. 許可の区分の別:店舗販売業
  2. 販売業者の氏名又は名称:有限会社大門薬局 その他の販売業の許可証の記載事項*<店舗販売業許可証の記載事項>・店舗開設者の名称(許可証の名義人)有限会社大門薬局 ・許可番号:60138 ・発行年月日:平成29年6月22日 ・有効期限:平成29年7月1日から令和5年6月30日まで
  3. 店舗管理者の氏名:篠原艶子
  4. 当該店舗に勤務する薬剤師氏名:篠原艶子、篠原義剛
    担当業務:医薬品に関する相談・情報提供、販売
    現在勤務中の薬剤師氏名:篠原艶子
  5. 取り扱う一般用医薬品の区分:第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品
  6. 当該店舗に勤務する者の名札等による区別に関する説明: 薬剤師は白衣を着用し、
    名札に氏名および「薬剤師」と記載しています。
  7. イ:営業時間での相談対応時間及び連絡先:AM10:00〜PM18:00(定休日 土日)
    連絡先:093-561-5207
    ロ:営業時間外での相談対応時間及び連絡先:なし
    ハ:緊急時の連絡先:093-561-5207
  8. 営業時間外での医薬品の購入または譲り受けの申し込みを受理する時間:なし

第2 要指導医薬品及び一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項

  1. 要指導医薬品、一般用医薬品の定義及び解説
    1. 要指導医薬品:
      • 下記のイから二に揚げるもののうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであって、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているものであり、かつ、その適正な使用のために薬剤師の対面による情報の提供及び薬学的知見に基づく指導が行われることが必要なもの。
      • イ 再審査を終えていないダイレクトOTC
      • ロ スイッチ直後品目
      • ハ 毒薬
      • 二 劇薬
    2. 一般用医薬品:
      • 第1類医薬品:
      • その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうちその使用に関し特に注意が必要なものとして厚生労働大臣が指定するもの及びその製造販売の承認の申請に際して薬事法第14条第9項第1号に該当するとされた医薬品であって当該申請に係わる承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過しないもの。
      • (一般用医薬品の中で特にリスクが高い医薬品を指します。)
      • 第2類医薬品:
      • その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品(第1類医薬品を除く。)であって厚生労働大臣が指定するもの。(一般用医薬品の中でリスクが比較的高い医薬品を指します。)
      • 第2類医薬品の中で、特別な注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するものを「指定第2類医薬品」として区別しています。
      • 第3類医薬品:
      • 第1類医薬品及び第2類医薬品以外の一般用医薬品。(一般用医薬品の中で比較的リスクが低い医薬品を指します。)
  2. 要指導医薬品、一般用医薬品の表示に関する解説
    • 個々の医薬品については、下記のとおり表示されています。
    • ・要指導医薬品は、「要指導医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。
    • ・一般用医薬品は、リスク区分ごとに、「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。
    • ・指定第2類医薬品は、2の文字を〇(丸枠)または□(四角枠)で囲みます。
    • ※要指導医薬品、一般医薬品の直接の被包に記載します。
      また、直接の容器又は直截の被包の記載が外から見えない場合は、外部の容器又は外部の被包にも併せて記載します。
  3. 要指導医薬品、一般用医薬品の情報の提供及び指導等に関する解説、
    指定第2類医薬品の禁忌の確認・専門家への相談について
    • 要指導医薬品、第1医薬品、第2類医薬品及び第3類医薬品にあっては、それぞれ情報提供及び指導の義務に差があります。また、対応する専門家も下記のように決まっています。
      指定第2類医薬品の購入の際には、薬剤師又は登録販売者から禁忌の確認をさせていただきます。また、必要に応じて相談されることをお勧めします。
      登録販売者とは、都道府県の試験に合格した第2類医薬品及び第3類医薬品の販売を担う専門家です。
      医薬品のリスク分類 情報提供等 相談があった場合の応答 対応する専門家
      要指導医薬品 書面で情報提供及び指導 義務 薬剤師
      一般用医薬品 第1類医薬品 書面で情報提供 義務 薬剤師
      指定第2類医薬品
      第2類医薬品
      情報提供は努力義務 義務 薬剤師又は登録販売者
      第3類医薬品 薬事法上定めなし 義務 薬剤師又は登録販売者
  4. 要指導医薬品の陳列等に関する解説
    • 要指導医薬品は、要指導医薬品陳列区画のカンター内部若しくは鍵をかけた陳列設備に陳列しています。
  5. 一般用医薬品 は、商品毎に下記のとおりリスク区分を表示しています。
    • 第1類医薬品は、『第1類医薬品』。指定第2類医薬品は、『指定第2類医薬品』。第2類医薬品は、『第2類医薬品』。第3類医薬品は、『第3類医薬品』。
  6. 医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説
    • 【医薬品副作用被害救済制度】
    • 医薬品を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。救済の認定基準や手続きについては、下記にお問い合わせください。
    • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構:http://www.pmda.go.jp/index.html
    • 健康救済制度相談窓口(フリーダイヤル):0120-149-931
    • 9:00~17:00(月~金 祝日年末年始除く)
  7. 個人情報の適正な取扱いを確保するための措置
    • 医薬品に関する情報提供等で知り得た個人情報は、薬局内で適切に管理させていただき、第三者への提供等はいたしません。ただし、行政当局の要請等で報告の必要があると判断された場合には、情報を提供させていただく場合がございます。
  8. 苦情相談窓口
    • 所轄する保健福祉(環境)事務所又は保健所名:北九州市保健所
      電話番号:093-522-8726
      受付時間:8:30~17:15