注目キーワード

3年以上病院で耳なりの症状が改善されない方に!

大門薬品が選ばれている理由

病院の薬との併用が問題ない漢方薬を選んでくれる。
症状に合わせてお薬を選んでくれる。
温かい雰囲気で話しやすい。
じっくりお話を聞いてくれる。
経験豊富なベテラン薬剤師に安心して相談できる。
お薬だけでなくお食事など健康のために相談ができる。

病院と当店の比較

【病院】

  • 患者ごとの治療法がなく、同じ治療方法
  • 医師には話しにくい
  • 来院する必要がある(電話相談ができない)
  • 病院での待ち時間が長い
  • じっくりと症状を聞いてもらえない
  • お薬の副作用が心配
  • 医師からの生活指導はなし

【当店】

  • 患者ごとに漢方薬をご用意
  • 薬剤師には話しやすい
  • 来店なしでも、まずは電話相談可能
  • 予約制で待ち時間なし
  • じっくりと症状を聞いてもらえる
  • 漢方薬は副作用が少ない
  • 漢方薬だけでなく食事などの生活指導ができる
薬剤師があなたの症状や悪化要因に応じて最適な漢方薬をご用意します。
漢方相談にお越しの方は、病院に長年通院されている方で、漢方薬をお試ししたいというご相談者から、それぞれの事由で病院に行くことを躊躇され漢方薬のご相談に来られる方、お薬の副作用を気にされて、漢方薬のご相談にご来店される方まで様々です。
漢方相談は、女性薬剤師ならではのきめ細かい対応ができることから、昨今、漢方薬のみを服用され、症状が落ち着いてきてからは、基礎薬のみリピートされる方も増えてきました。
そして、来店された方の80%以上が、再来店されています。
また、LINE登録していただいたお客さまのみオンライン相談も可能です。
LINEのチャット機能もご使用いただけますので、お急ぎのご回答をご希望の方は、LINE登録をお願いいたします。

友だち追加

【漢方相談状況】

  • 漢方薬の服用リピーター(基礎薬のリピーターも含む)…50%
  • 病院のお薬と漢方薬を併用されているリピーター…30%
  • その他、お薬のご相談など…20%
管理薬剤師 艶子
当ホームページへお越しいただき、ありがとうございます!
大門薬品 管理薬剤師の篠原艶子(しのはらつやこ)です。
耳なりは程度に差はあるとしても、誰しも経験したことがある症状ではないでしょうか?
周囲に何の音源もないのに耳の中から音がする耳なりは、全体のおよそ20%の方に起こり、慢性化して症状に苦しんでいる方はおよそ5%くらいと言われています。
漢方では耳なりは加齢による腎の低下や体質的な原因や生活養生の乱れが重なり胃腸の働きが弱ることにより発症すると考えます。
では早速、東洋医学から見た”耳なりの症状”についてどのような対応が望ましいか?タイプ別でポイント解説しますので、該当するタイプがあったら何を気付いて、どうしたらいいのか?を是非参考にしてみてくださいね!
ポイント解説を見て、もっと知りたい個人的なことは、直接LINE電話からご相談いただいた方が早いです➡https://lin.ee/L2jjwzd

耳なり症状別ポイント解説

耳なりの症状はおおまかに4つのタイプに分けることが出来ます。
あてはまるタイプの養生アドバイスをそれぞれご覧いただけます。

ストレスの場合

ストレスの悪化とともに、肝機能の失調が原因で自律神経が乱れやすくなり、緊張や興奮状態になることで、 不眠やめまい、目の充血、高血圧などの症状を併発しやすくなります。
養生ポイント

香りの強い食材(パセリや春菊など)やハーブなどを採り入れた料理は、リラックスさせるのに効果が高いです。軽い運動(散歩など)をして、気を溜めないこと。また、シャワーで汗を流すだけよりは、バスタブにしっかり浸かって、ゆったりとした時間を持つことが大切です。

漢方相談

1回の相談は30分~1時間くらいです。
病院に受診中の方はお薬手帳を持参していただきますようお願いします。

相談者さまの現在の身体の状況を把握するためのカウンセリングを行います。

耳なりの原因が不明な場合も多いので、日常生活で、どんな時に耳なりがするのか?ということなども、気付いたことをメモしておくことで、原因の対処法にも役立つことがあります。

とくに耳なりの場合は、神経症状、めまいや平衡障害などを伴った要因もありますので、普段そのような症状が現れたりしていないか?なども総合的にお伺いしながら、お薬をお選びしていきます。

お客様のライフスタイルに応じて、食習慣や運動習慣などもアドバイスを行います。

お薬の服用とともにその後の経過を見ていきます。

漢方薬剤師から一言

ストレスが原因とみられる場合は、一時的な要因であっても、ストレスになってしまうと再発することも考えられます。日ごろから免疫力を高めておくことで、肝機能を強化して、ストレスにも対応できる身体づくりを普段から行うことが欠かせません。

加齢の場合

加齢・身体の疲労による腎機能の低下が原因で、身体機能が衰え、耳なりになっていることが考えられます。耳なりのほかにも、物忘れしやすかったり、難聴が進行していたり、尿の排泄が困難であったり、眠りが浅い場合は、加齢による耳なりの可能性が高いと言えます。
養生ポイント

適度な運動(ストレッチや散歩など) 塩分の摂り過ぎに注意 野菜を多く採り入れた食生活 アルコールは出来るだけ控えた方が良い

漢方相談

1回の相談は30分~1時間くらいです。
病院に受診中の方はお薬手帳を持参していただきますようお願いします。

相談者さまの現在の身体の状況を把握するためのカウンセリングを行います。

耳なりの症状だけに限らず、
尿の排泄であったり、不眠などの併発している症状などがないかも伺いながらお薬を選んでいきます。

お客様のライフスタイルに応じて、食習慣や運動習慣などもアドバイスを行い、お薬の服用とともにその後の経過を見ていきます。

漢方薬剤師から一言

普段から、特に血行を促す食生活や運動習慣が不可欠です。

加齢による耳なりは難聴進行による場合があり、なかなか自覚しにくいことがあります。
身体疲労などで、めまいがしたり、眠りが浅いなどの他の症状とも関係が深いケースがあるので、なんだか調子が良くないなということがあれば、そのまま放置せず、お気軽にご相談ください。

耳なりだけでなく、総合的な判断で腎機能の低下などが要因ではないかという判断にもなるので、症状によっては、耳なりだけではなく、ほかの症状も徐々に落ち着いてくることも考えられます。

水分代謝の場合

頭痛やめまい、下痢、むくみなどの症状を伴っている場合が多く、胃腸の不調などにより「脾」の機能が低下することで、水分代謝が悪くなることが原因として考えられます。
養生ポイント

冷たい飲食は避ける 消化の良いものをよく噛んで食べる 激しい運動はなるべく避け、軽い運動(散歩など)で血行促進

漢方相談

1回の相談は30分~1時間くらいです。
病院に受診中の方はお薬手帳を持参していただきますようお願いします。

相談者さまの現在の身体の状況を把握するためのカウンセリングを行います。

水分の巡りが悪くなると、めまいが起きやすくなったり、顔や足などがむくんだりということがあります。

胃腸が弱ることで、食欲も落ちてきやすいので、胃に負担をかけない食生活のアドバイスも行いながら、お薬の服用とともにその後の経過を見ていきます。

漢方薬剤師から一言

胃の不調により、水分代謝が悪くなることで起こる耳なりは、日ごろから冷たいものを飲み過ぎたり食べ過ぎていたり、あまり胃腸の調子を考えていない食習慣が引き起こしています。耳なりやめまいは、血行を良くすることが大切なので、バランスの摂れた食事とウォーキングなどで、胃腸の働きをよくする生活習慣が欠かせません。

急性悪化の場合

急性悪化による耳なりは、風邪などの体調を著しく壊してしまったときにあらわれる耳なりです。熱が体内にこもっている状態のときに、耳なりがしやすくなります。
養生ポイント

熱を冷ますことが先決 風邪を長引かせないためにもしっかりと休息をとってください。

漢方相談

1回の相談は30分~1時間くらいです。
病院に受診中の方はお薬手帳を持参していただきますようお願いします。

相談者さまの現在の身体の状況を把握するためのカウンセリングを行います。

風邪薬だけでは耳なりが解消されない場合は、早めにご相談ください。

漢方薬剤師から一言

熱があるときは、十分な休息を心掛けましょう。熱が下がったからと耳なりが完全に収まらない状態を放置しない方が賢明です。生活習慣の見直しや体質改善を行って、風邪になりにくい身体にしていくことが何より大切です。


耳なり改善チェックポイント

耳なりでお悩みの方は、普段どんなことを改善したら良いのか?そのポイントについてお伝えします。

普段どんなことに気を付けたらいいですか?
生活習慣

ストレスがたまることで、自律神経のバランスが壊れ、耳なりやめまいなどの不快な症状が起きやすくなります。

柑橘系のアロマを使った入浴
血行を促すヨガ

食習慣

水分代謝が悪くなると、めまいや耳なりが起きやすくなるので、水の巡りを良くする食材を身体に摂り入れて、不快感を取り除きます。
■ 水の巡りを改善し、むくみを解消する食べ物
玄米、小豆、ハト麦、昆布、のりなど

■ 血を補う食べ物
黒ゴマ、黒きくらげ、ほうれん草
うなぎ、タコ、ひじき
牛肉などの肉類、牛レバー、鶏卵など

■ 水を補って潤す食べ物
クコの実、白きくらげなど

注意すること

アルコールは控えめに。
身体を冷やさないこと。
睡眠不足にならないようにしましょう。

漢方治療のメリットはありますか?
現代医学で改善がみられない方もあきらめないでください。

漢方医学では全く異なる視点から耳なりを診ていきます。そのため、病院で改善がみられなかった方も軽減していった例もあります。
耳なりは湿などの外的な要因に身体を犯されたり、皮膚や各臓器の気、血、津液(しんえき)が不足したり、滞ったりして発症します。
漢方治療の原則はこれらの余分なものを取り除き、不足するものを補い、滞ったものの巡りを良くすることです。

お客様の声 (50代 女性)

長年悩んでいた耳なりの症状が軽くなりました。 ありがとうございました。

漢方薬は効き方が遅いのでは?
個人差があります。

漢方薬は効き目が穏やかなので即効性がない、慢性疾患には効くが急性疾患には効かないと言われたりしていますが、それは誤解です。個人差はありますが、まずはお試しください。

漢方は症状が出てくる原因となる体質から改善して行きます。

当店でも、長年苦しんできた慢性疾患の方が1~2週間で軽快した例もあります。
西洋薬ではなかなか効果が現れなかったのに、漢方薬ではあっさり治ったということもよくあります。
このように西洋薬で効果がなかった方も、漢方薬で改善がみられるケースもありますので、まずは、ご相談ください。

漢方薬の価格は高いですか?
お手頃な価格でお試しいただけます。

漢方薬は大体1日300~400円くらいが目安です。
当店では、よりお手頃な価格で多くのお客様に漢方薬をお試しいただきたいと考えております。例えば、1~2週間分のお薬をご提供するなどして、症状やご相談内容に応じて、症状の経過をみていきます。お客様のご都合なども伺いながらお試しいただけます。

ご相談の流れ

長く耳なりでお悩みの方もあきらめないでください。
お薬を紹介するだけでなく、人生を元気で明るく生きる
お手伝いをいたします。
お気軽にご相談ください。

LINEから今すぐ相談予約

ご来店のお客さまへ

アクセス方法

営業・ご相談受付時間のご案内
店舗大門薬品
(小倉の老舗・健康相談)
事業内容医薬品の販売、薬剤師へのご相談、がん専門薬剤師へのご相談
営業時間月~金曜日、10:00-18:00
ご相談受付10:00~18:00【月~金】
一人一人のお客様の症状を薬剤師がうかがってお薬を選んでいきます。
1回の相談は30分~1時間くらいです。
当店は薬剤師1名でご相談に対応しているため、LINEや電話またはメールで、あらかじめご予約ください。
住所〒803-0811
北九州市小倉北区大門2丁目5-32
E-mailinfo@daimonpharmacy.com
TEL093-561-5207
アクセスJRでお越しの場合:
JR西小倉駅を出て、勝山通りを西へ約1分
お車でお越しの場合:
都市高速大手町インターチェンジから北2km。
北九州都市高速小倉駅北ICから約5分
北九州都市高速大手町ICから約5分
北九州都市高速足立ICから約10分
店の隣に専用駐車場があります。(看板をご覧下さい)
駐車場のご案内

画面の中央(真ん中)2台スペースに駐車できます。

よくある質問

お支払い方法について


キーワード:現金,クレカ,振込み,LINEPay

クレジットカードは利用できますか?


現金以外にクレジットカード、振込み、LINEPayがご利用いただけます。

詳細は お薬購入ガイド をご覧ください。

風邪薬との併用について


キーワード:風邪薬,常備薬

風邪薬と常時飲んでいる薬の服用について相談できますか?


はい、出来ます。 ご来店のときは、お薬手帳をご持参ください。 薬によっては、相互作用をおこすものもありますので、まずはご相談ください。

取り扱い商品のこと


キーワード:健康食品,サプリメント

健康食品(サプリメント)もありますか?


医薬品外の、健康食品や化粧品なども多数お取り扱いしておりますので、ご特定の商品があるかないかについては直接お問合せください。

服用中の薬との併用


キーワード:漢方薬,併用

漢方薬は処方してもらった薬と併用しても大丈夫?


ご相談の際、お薬手帳をご持参ください。漢方薬を服用中に途中、病院で処方いただいたお薬がある場合などは、薬剤師へお知らせください。お薬によっては、ご使用を控えていただいた方が良い場合もあります。

副作用について


キーワード:副作用,漢方薬

漢方薬に副作用はありますか?


漢方薬は自然の生薬を使うので副作用はないと思われがちですが、使い方を間違えれば副作用が起こることもあります。 気になることがもしありましたら、お気軽にまずはご相談ください。

妊娠中の服用


キーワード:漢方薬,妊娠中

妊娠中でも、漢方薬は飲めますか?


妊娠中の方は薬の制限がありますので、ご相談の上でお求めください。

服用時間について


キーワード:タイミング,漢方薬

漢方薬はいつ飲むのが良いのでしょうか?


基本的には、食間の服用が効き目がいいとされています。 ただ、胃腸の弱い方は、食後の服用が良いでしょう。詳しくは、ご相談時にお伝えいたします。

保管方法について


キーワード:漢方薬,保管

漢方薬はどんな風に保管したら良いですか?


まず、お子さまの手が届かないところに保管してください。 また、開封後のものはきちんと蓋をして、湿気の少ない環境がベストです。

漢方薬の賞味期限は?


キーワード:賞味期限,漢方薬

漢方薬に賞味期限はありますか?


賞味期限はございます。生薬によって異なりますので、商品ラベルなどに書かれた賞味期限内にご賞味ください。

漢方薬の効き目について


キーワード:漢方薬,遅い

漢方薬は効き方が遅いのでは?


生薬によっては、シャープに効く漢方薬もありますが、それなりの期間を要する場合もあります。 効き方には個人差がありますので、飲んだ薬が効く身体づくりも大切です。

予約制ですか?


キーワード:予約,相談

相談は予約制ですか?


ご相談は、事前にご予約ください。直接ご来店、または、オンライン相談いただいたなどの場合は、ご予約いただいたお客様(オンライン相談も含む)を優先いたします。

<ご予約について>

相談方法について


キーワード:ご来店相談,LINEオンライン相談

どんな方法で相談できますか?


ご相談は、ご来店いただくか、または、LINEからオンライン相談できます。直接お電話いただいても構いませんが、問診を行う必要がある症状の場合もあるので、ご来店いただくか、LINEを使用したオンラインのビデオ通話による相談となります。

お問い合わせ

お急ぎの方は、お電話かLINEでお問い合わせください。

LINEをご利用の方は、QRコードまたは、URLよりLINEコールできます。


https://lin.ee/L2jjwzd



    ※携帯アドレスをご記入の際は、ご質問の回答メールを受信できるように(info@daimonpharmacy.com)を設定しください。届かない場合がございます。