良い睡眠のために、光を上手に利用する

人間は昼行性動物で、基本的に日中が活動期(覚醒)、夜間が休養期(睡眠)となります。 覚醒と睡眠に深く関与しているのが光です。 光を上手に利用することが快眠につながります。   北九州市小倉北区の漢方薬局 大門薬品 薬剤師 篠原 艶子

最新情報をチェック!