脳を疲れにくくする生活習慣6つのポイント

疲れをためないようにするには、副交感神経が優位になる時間を増やすのがポイントになります。生活に取り入れやすい習慣をご紹介します。1)起きたら朝日を浴びましょう。2)軽い有酸素運動をしましょう。3)ぬるま湯の半身浴で頭寒足熱。4)鼻呼吸で脳を冷やそう。5)音と香りでリラックス。6)鶏むね肉を食べよう。
北九州市小倉北区の漢方相談薬局 大門薬品 薬剤師 篠原艶子

最新情報をチェック!