布団と体の間の温度と湿度に注意

快眠のために夏場はエアコンを使って室温を上昇させないことが大切ですが、 冬場は室温よりも寝具での調節が大切です。 布団と体の間の温度と湿度に注意しましょう。 温度の目安は体温よりもやや低い32℃前後、湿度は快適に感じる50%前後くらいが最も寝付きがよいといわれています。 北九州市小倉北区の漢方薬局 大門薬品 薬剤師 篠原艶子

最新情報をチェック!