口呼吸していませんか?

人間の体には鼻から息を吸い込み、鼻から出すという鼻呼吸をするように作られています。

鼻には吸い込んだ空気中の有害物質を自然に取り除く「濾過作用」や空気に適度な湿度を与える「加湿作用」などがあります。

ところが慢性的な鼻づまりが原因で口呼吸をしていると、このような作業が省かれてしまいます。

その結果として有害物質が直接、体の中に取り込まれてしまったり、のどが乾燥して鼻腔の中にも汚れがたまり、ウイルスが増殖しやすくなります。このため、アレルギー性鼻炎を発症しやすくなります。

現代人は、鼻がつまっている人が多く、口呼吸になっている人が多いそうです。一度、自分の呼吸を意識してみてはいかがでしょうか。

北九州の漢方相談薬局大門薬品の管理薬剤師ブログ「店主のささやき」はコチラ https://www.daimonpharmacy.com/blog/

 
 

ご相談の流れ

最新情報をチェック!