脚のつりの原因

足がつるとはふくらはぎの筋肉が痙攣を起こし、強い痛みを伴う状態を指し、こむら返りともいいます。ちなみに「こむら」とは「ふくらはぎ」の古い呼び方です。筋肉の痙攣はふくらはぎだけではなく、足の裏や指、太もも、お尻、背中などでも起こることがあり、医学用語では「有痛性筋痙攣」と呼ばれます。
なぜ足がつるのかは完全には明らかになっていませんが、骨格筋にあるセンサーの誤動作が原因のひとつと考えられています。
漢方的には血の不足と考えられます。
足のつりの原因骨格筋にあるセンサーの誤動作が原因のひとつと考えられています。センサーに誤動作を生じさせる要因としては、体内の水分不足、加齢や運動不足にからくる筋肉量の減少、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、などの電解異質バランスの乱れなどがあげられます。利尿剤、降圧剤の使用、頻度は少ないものの腎不全、心臓病が原因のこともあります。
北九州市の漢方薬局大門薬品 薬剤師 篠原艶子

最新情報をチェック!