温度変化をなくしてヒートショックを防止

冬場は「ヒートショック」が起こりやすくなるので注意が必要です。ヒートショックとは急激な温度変化により血圧が急激に上昇したり加工したりして体が不調を起こすことをいいます。ヒートショックを起こすと脳梗塞や心筋梗塞を招き、最悪の場合は生命に危険が及ぶことがあります。
ヒートショックが起こりやすいのは入浴時です。温かい居間から寒い脱衣所に行って血液が上がり、しばらく湯につかっていると血圧が下がり、浴室から寒い脱衣所に出ると再び血圧が上がるというように血圧が大きく変動します。
【対策】入浴時のヒートショックを防ぐには、1)前もって脱衣所や浴室を予め温めておく、2)いきなり湯に入らずに手や足などの心臓から遠い部分にかけ湯をする。3)湯の温度は40℃以下とする。

北九州市小倉の漢方薬局 大門薬品

最新情報をチェック!